資源としての水

水。
北海道に住んでいて
一番良いと思うことは、水が美味しいことだ。
そんな水を生み出す、森林。
今、海外勢による買収対象となっている。
あたりまえのようにある。モノほど
もの凄い価値がある。
世界が直面する問題として
食料不足より、まず水不足に陥る。
実は、日本という国の資源は自然の中から生まれる。
その自然と暮らすことで育まれた
文化と知財は朽ちる事のない価値を生み出す。
日本はなぜ、それを規制することができないのか。
北海道の魅力
自然の魅力
そこに生きる人々の魅力
守っていかなければならない。

water.
I live in Hokkaido
The best thing is that the water is delicious.
Forests that produce such water.
Currently, it is the target of acquisition by overseas players.
As usual. As much as things
There is tremendous value.
As a problem facing the world
First of all, it falls into water shortage rather than food shortage.
In fact, Japan’s national resource comes from nature.
Born by living with nature
Culture and intellectual property create enduring value.
Why can’t Japan regulate it?
The charm of Hokkaido
The charm of nature
The charm of people living there
You must protect it.

グラスと水

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です