革バックの「クリーニング修繕方法」

見えないところに、こだわりを持った機能があり精巧な作りのバックです。
今回、こちらのバックのリペア修繕を致します。
修繕場所はこちらです。
革バック全体
革バック全体です。
ブランドロゴ周辺の傷、汚れ
ブランドネーム周辺の傷、汚れ
バック底角の擦り切れ
底部の擦り切れ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です