idoデザインⅡ

総合的な製品の完成度を上げる為には
技術もそうなんだけど、パターン修正が不可欠で
一回しか創らないものだと、品質向上もいきつかない。
最近、完成品で思ったことは
まず、あきらかに、初期に頃、製作していたモノより
格段に、総合的な品質が上がってる。
最初の頃も好い製品であったことは確かであるけれど
今の完成されるデザインは、より良い。
その理由は
想い描くカタチに、
色々な手法で近づけているからだと思う。
ちょっとした事の積み重ねで
訂正事項を一点一点解決していくと
最終的に現れるカタチは、純度の高いものとなってくる。
一回つくっただけでは、なんか空洞な感じがしてならない。
トライアングルのバックも、細かな訂正の繰り返しで
とても品良く、ステキなデザインになった。

付箋

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です