The important thing is where the intention is.

The important thing is where the intention is.

What do you want to do? What do you want to be?
This intention unconsciously determines the priority of the decision items.
In the connection between people
I think this will grow, reflect and polish the inside.
I had a very precious meeting a year ago. I saw the world from one phone and one order.
If you live normally in Japan
It tends to forget to be conscious of the world. The world has something that seems to be a distant world.
There was a person who created a chance to be aware of the world.
Speaking a year ago
The Great East Japan Earthquake occurred, and the nuclear power plant problem has not been solved yet
There are still many people who are desperately able to continue the restoration work.
Meanwhile
It is also true that it has been a year for us to think deeply about what we can do.
This year, there were also encounters and parting with important people.
The Internet has developed and an era of information overload is born
While many crimes and problems frequently occur, the fact is that there are developments that have arisen from unexpected encounters and connections.
I think there is light and darkness behind the economy and history that cannot be explained by words.
Exactly that is human. From the industrial era of the 19th century to the information age of the 20th century.
What kind of world will it be in the future?
My head is too busy with imagination.

大切なことは、意思がどこにあるか。

どうしたいのか。どうなりたいのか。
この意思が、無意識の内に決定項目の優先順位を決めている。
人と人のつながりの中で
この意思が、人を成長させ、反映し内面を磨くと思う。
私は一年前、とても貴重な出会いをした。一本の電話、一点のオーダーから世界を見た。
日本国内で普通に生活をしていると
世界を意識することを忘れがちになる。世界は遠い世界と思われる事をある。
その世界というモノを、意識するきっかけを作ってくれた方がいた。
一年前と言えば
東日本大震災が起こり、原発の問題は未だに解決されぬまま
今も、必死に修復作業を続けられる多くの人々がいる。
そんな中
我々に何ができるだろうと深く考える年となったことも事実ある。
この一年は出会いもあり、大切な人との別れもあった。
インターネットが発達し情報過多の時代が生む
多くの犯罪、問題が多発する一方、今迄には、考えられないような出会い、繋がりから生まれる発展がある事実。
経済や歴史といった背景には言葉では説明のつかないような、光と闇があるのだろうと思う。
まさしくそれは人間そのもの。19世紀の産業時代から
20世紀の情報時代。
今後、どのような世界になって行くのだろう。
想像力が溢れ過ぎる私の頭は大変忙しい。

シザーケース

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です