整理してみる

いや、今週も忙しかった、、。

ようやく一息つける。明日は休もう。

あまりに色々ありすぎて頭の中が情報で混乱してしまうので
少し整理してみよう。

今、手がけている仕事を箇条書きしてみる。

①無線機ケースの製作・20周年記念品
②フローリストケースのデザイン製作・3種類
③美容室オープンの展示スペースへの商品ブックカバー製作
④工房の機材・設備投資
⑤メイクブラシケースの追加製作
⑥シザーケース・オーダー受注分の製作

さらに細かく分類して書き出してしまうと
どうも、頭が混乱する。

私の場合、そんな時は、大きい画用紙に地図を書く。

「地図」といっても地理的なものではなくて
今のじぶんの位置と、何を最優先ですべきかと表す見取り図のようなものを
じぶんで書く。終わったものやこなしたものは消していく。
最終的なゴールに向かって、時間と行動日数を決めて
目的に向かってすすんで行くと、迷わないですむ。

このように、複数のやるべき事を手がけていると
時に「迷い」や「悩み」に遭遇する。

そんな時は、本来の目的に立ち戻り、それらを照らし合わせて判断すると
簡単に解決する。

迷っているということは、立ち止まっているから
前進していないから、どんどん時間だけがいたずらに経過していく。
なので、迷ったらまず行動してその結果を査定して判断して、次の行動へ移る。

昔、本で読んだ事のあるフレーズで
「落ち込んでいる暇なんてないの。落ち込んでいる時間がもったいない」ってあった。
これは、今思うと本当にそうだと思う。

でも、この思考はある程度、訓練していないと
なかなか身に付かない。言葉で言うと、精神が図太くないと(割り切っていないと)
なかなか人は弱い生き物で、同情されたいし、自虐的に生きたいので停滞をする。

ただし、リズムが悪いとき「立ち止まる。あるいはゆっくりとする」事は
とっても重要なことなんだよ。

その見極めが実はむずかしいのかもしれないね。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です