掃除と整理整頓の違いについて

一ヶ月ほど前から、工場、事務所の掃除を徹底しておこなっています。

もともとキレイ好きですから、掃除は苦ではないので
前向きに取り組んでいきました。

そこで、気付いたポイントが3点あります。

①掃除するということは、モノを減らすという事です。
その為には、「A〜B地点への移動」ではなく「捨てる」ことが最終的に必要なのです。

②「捨てる」と言ってもなかなか簡単にはいきません。。
捨てようと思うと(もったいない、いつか使うかも?)と思ってしまい
モノを減らすことが困難な状況になる。普通の人が本気で取り組むと
なかなかできないかもしれません。

③この問題点を克服する唯一の方法を発見。

それは、、

「目をつむって、容赦なく捨てる」です。

これを実行したら、10坪くらいのスペースで
40kgの黄色い燃えるゴミ袋が5つでました。

書類はすべて、スキャンして電子化。iPadと外部HDディスクに保存。

極力軽く、身軽に、整理しなくても良い状態を保つ。

ここまで、徹底的にやってみて初めて気づいた事があった。

発見に近い感じですが、
これはおすすめです。

油断していると、すぐ余分なゴミや資料が貯まってしまいますが
モノをなくした状態を保っていると、必要なモノと不必要なものが瞬時に判断できる
ようになるのです。

更に、ゴミ箱さえも捨てました。
ゴミ箱があるから、ゴミがたまるから。
といっても別の場所には一カ所ゴミ捨て場はあります。そこにしかありません。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です