これから未来はどうなっていくのだろう?

10:00 帰宅しました。

美容室でカットをしまして、そのまま帰ろうと思いましたが、
ちょっと寄りたい店がありまして。

今、帰宅です。

先日いただいた、美味しいコーヒーを一人分おとし(お店のようにフィルターで手で)
贅沢な時間をあじわいます。

一日の終わり、この時間がとってもリラックスできるひととき。

と言いましても
これからが、本当の仕事の時間です。

わたしはよほど仕事好き人間ですね。

今日は、一つ未来予想をしてみましょか。

仮説ですから、軽く聞き流してもらって結構ですからね。
あまりじっくり読まないでください。

3年〜5年〜10年という流れで、この頃、【i.d.o未来予想図】というものを作ってます。
ビジュアルマップみたいなものです。

これはじぶんなりに製作したもので
そこには、A3用紙を5枚程度に広げたモノで区分けされた部分に目的に合わせ
新聞や雑誌の切り抜きなどが、添付されています。

主に国内のアパレルメーカーやデザイン事務所などの情報や
中国関連のニュース、アメリカ経済の債務状況など、克明に分析した資料があります。

最近、その情報を自前のサーバーで
自己管理をして、データーベース化し、いつでも必要な情報を瞬時に検索できる
システムを開発しました。というか自分で作りました。

自分の必要となる情報を、自動収集して、自由に検索して抽出できるのが特徴です。

これが使えるのです。
コンピューターの進化、発展は素晴らしいと常々思う今日この頃。

昔ですと、大型のコンピューターが必要でしたが
今でも家庭でも、ハイスペックのマシーンが簡単に手に入ります。
これを活かさない訳にはいきません。

じぶんの必要な情報源がいつでもどこでも
じぶんだけ観覧することができる。

外出先ではiPhone端末で、クラウドを利用して気軽に見る事ができる。
端末を忘れたり、盗まれたり、落としたとしたとしても
今は、その端末を、メインPCから検索できてしまうのですから驚きです。

そう考えると10年前からみると
世の中はもの凄いスピードで変化してますよね。

話は戻りまして【i.d.o未来予想図】です。

最近、ほんとうに思うことは、語学をマスターしたい!ということです。
英語、中国語、日本語、韓国語、この4種類を自由自在に操れるようになりたい。

しかも、5年くらいで。

ビジネス的に対話ができるレベルまで、なりたいのです。
どうすれば、一番最短で習得できるのだろうか。

しかしながら、まずやるべき事は
本社オフィス・企画室のモデルチェンジです。
年内により合理的に新製品を開発し試作製造できる環境をデザインする必要があります。
今迄の方法ではなく、改革するとう言葉があてはまります。

だれもやったことのない方法で、
レイアウトから、保管方法までi.d.oらしいオリジナルの手法を取り込んでいきます。
6月までになんとか、カタチにしなければ、、。

ネットワーク、データーベースも同時構築が必要で
コンピューターの発達と会社の発展を連動させてしまいます。

比較的、人材には恵まれておりますが
新しい出会いを求めて行動し、価値観を共有できる方とお仕事をしていきたい。
各々の能力が最大限に発揮できる環境が整えば自然と収益に還元されてくるはずだと思う。

無駄を無くし、合理的に製造する。
企画段階から、これから行くべき方向性をしっかりと認知することが
他との明確な違いとなってくる。

おゃ?

コーヒーがなくなってきました。。

もう一杯、入れてきます。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です