素材説明 ドイツシュリンク(シュランケンカーフ)ジーンブルー

キーケース
素材説明 ドイツシュリンク(シュランケンカーフ)ジーンブルー
原産国 ドイツ
素材 カーフ
鞣し クローム鞣し
染色 染料、顔料
ドイツの最高級牛革“ドイツシュリンク(シュランケンカーフ)”を使用したキーケース。
独特なクローム鞣し・仕上げ・染色技法によってペリンガー社によって鞣された革
【ドイツシュリンク】世界でも指折りの高品質な皮革を供給し続け、
発色が美しく、ふっくらとやわらかい弾力のある革です。
カーフ素材でありながら肉厚で、独特の触感。
シュリンクされた銀面は細かなシボが経ち、型押しとはまた違った自然な雰囲気を醸し出し、
製品をより美しく表情豊かに演出してくれます。シュリンク(革を縮ませ、
独特のシボを出す)加工された、カーフ(子牛の革)。
非常にキメが細かく、しっとりした触り心地が特徴。
※カーフとは
カーフレザー【calf leather】
生後6か月以内の子牛の皮をなめしたもの。牛革の中でも最高級。
ドイツシュリンクはキズが付きにくく、型崩れしにくい、色落ちしない高級牛革。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です