【畝】MIDTOWN BLOSSOM 2016 フラワート

【畝】UNE
春の田畑と植物の芽生えの季節のエネルギーの波長を重ねた作品です。
竹ひごを田畑の畝に見立て、一つづつ曲げて高低差をつけた土台に桜を咲かせる繊細な構造で、
日本人ならではの手仕事の丁寧さを伝えます。
フラワーアート
ひとつひとつ、細やかな手仕事。
フラワーアート
竹どこから見つけてきたのだろうか?
竹から、ものすごい生命力を感じてほれぼれでした。
一本の竹でここまで集約されるのですね。
この竹に出会えたことがすごいかも。
フラワーアート
Profile
Akihiro Nozaki 野崎 晶弘
フラワーアーティスト
建築業界を経て花の世界へ。建築の経験を活かした線が細かい
しかしダイナミックなデザインを得意とし、大型の作品を数多く生み出している。
フラワーアワードでは2010年以降上位入選を続けている。
2010年、2014年の2度、フランス「アート・フローラル国際コンクール」世界グランプリを受賞。
2015年ラドビア「ヴェンツピルス フラワーカーペットフェスティバル」で優勝するなど、
活動の場を世界に広げている。
http://www.akihironozaki.com/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です